をダメにするちょいブス~顔40点、身体120点の彼女~【とりあえずこれ読んどけ!】

どうもこんにちは。

ブッコミで配信されている、人をダメにするちょいブス~顔40点、身体120点の彼女~

ネタバレも感想もこのブログに纏めているので、読んでみてくださいね★

 

 

とにかく無料立ち読みしたい!って方はこちらからどうぞ>>

 

各話でネタバレ記事も書いています。

以下に抜粋しますね。こちらからどうぞ~

まずは王道、第1話!!~ちょいブスなエロ女、祥子との出会い~>>

この物語のエロさピークかも。。第4話。>>

おススメの第8話、~就活につかれた俺は、もう祥子のカラダにむしゃぶりつくしかなかった~>>

 

 

 

▼ お好きな画像をタップしても試し読みができます ▼

 

101024740_BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス※スマホ専用

 

101024740_BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス※スマホ専用

 

101024740_BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス※スマホ専用

 

101024740_BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス(話追加版のLPになります)※スマホ専用

 

101024740_BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス(話追加版のLPになります)※スマホ専用

 

101024740_BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス(話追加版のLPになります)※スマホ専用

 

 

お話のあらすじ

 

この漫画はずばり、エロいことしか考えていない

怠惰な生活を送っていた大学生、タクミと、

 

タクミと知り合うまでは男性経験はゼロ、

そしてルックスも大したことないので

これまで男に全く相手にされていなかった祥子

 

この2人の物語。

 

 

 

ことの発端は、タクミが友人に誘われた合コンの場。

 

実はタクミは単なる数合わせで合コンに誘われてたんですね。

なのでタクミを誘ったヤリチン友人たちは次々とお持ち帰りする女の子を

ピックアップします。

 

そして合コン中にも関わらずイチャイチャ・・・

 

く、くそっ・・・!!

あいつら、、俺だってっ・・!!

 

タクミは悔しいが、そこまで女慣れもしておらず

彼女とも別れたばっかりで、イマイチ積極的にいけない。

 

 

そうこうしている内に、めぼしい女の子はいなくなる。

 

 

あ~!!

何のためにきたんだよ!!

 

 

と、そんなことを思っている矢先、

 

奥の方に一人の女の子が座っているのを見つける。

 

 

あれ?あんな奴いたっけ・・??

 

 

あまりにも目立たずに、そして静かに座っているので

タクミは今の今までその女の子の存在に気づいていなかった。

 

 

まぁ、あれはなしだな。。

とタクミは瞬時に思います。

 

 

それもそのはず

奥にポツンと1人で座っていた女の子は

どう考えてもタクミのタイプでもなく

 

というよりは、まったく可愛い部類には入らない感じです。

 

 

お下げ髪で、メガネで、かなりポッチャリしていて、、(デブ)

そして物静かで全く盛り上がることもせず。。

 

 

なんであんなのが合コンきたんだ??

 

とタクミも疑問に思います。

 

 

しかし、そんなちょっとブスの眼鏡女子に

タクミはのめり込んでいってしまうのです。

 

 

 

合コンも終盤。

 

ヤケ飲みしてしまったタクミは気持ち悪くなり

思わず横に寝転んでしまいます。

 

誰もタクミを介抱しにこず、タクミは1人で無念さを感じながら

今日の合コンの反省を無意識にしていました。

 

 

もとはと言えば、こんな誘いにのった俺が悪かったぜ・・・

くそッ・・・

 

と体調が悪いにも関わらず、しっかり文句を言っています。

 

 

そんな時、

 

あ、あのっ・・

 

大丈夫ですか??

 

 

扉の方から声がします。

 

振り向くと、さっき合コン会場で見つけたブスのぽっちゃり女子でした。

 

 

タクミがきつそうに会場を後にしたので、心配になって見に来てくれたのです。

 

そしてブスポッチャリの祥子は、タクミに水を与えて幾分かスッキリさせました。

 

タクミは載っ転がっており、そのふもとに祥子がいる感じです。

 

 

しかしタクミはそんな祥子を見ながら、

 

いや、見とれてしまっていました。

 

祥子をしたから見上げると、

まずもって目に入るのは、とんでもない巨乳・・!!

 

 

祥子はムッチムチボディの持ち主だったのです。

 

初めて気づいたタクミはめちゃくちゃ驚きます。

 

そしてこのムッチムチエロボディをなんとか自分のものにしたい

 

そんな風に思い始めてみた。そしてタクミは驚くべき行動に出る・・・!!